すっぽんの栄養ガイド

すっぽんについて

すっぽんは中国では古くから食用とされており、日本で
は7世紀末に天皇に献上された記録があり、古くから滋養
強壮効果のある食物として知られてきました。現在日本
ではすっぽんはほとんどが養殖で、天然者のすっぽんは
中国から輸入されています。


すっぽんは美味しいダシが出るので鍋料理やお吸い物など
によく用いられ、日本料理ではすっぽんの吸い物は高級料
理とされています。膀胱と胆嚢以外はすべて食べられるこ
とも知られており、栄養価が高いことでも注目されています。


すっぽんは栄養面ではビタミンB1・B2・鉄・亜鉛など
が豊富に含まれています。また、すっぽんの甲羅は柔らか
く、まわり2センチほどがコラーゲンの塊となっており、
すっぽん鍋にはたくさんのコラーゲンが溶け出します。
このため、すっぽんは美容食としても用いられています。
すっぽんに豊富なビタミンB2も美肌効果があります。


すっぽんはこのほか、コレステロール値を下げる脂肪酸で
あるリノール酸も多く含んでいます。ただし、リノール酸
はとりすぎると逆にコレステロール値を上げてしまう危険
もあるので、すっぽんの食べすぎには注意しましょう。

すっぽんのビタミンについて

すっぽんに含まれる栄養素は以下の通りです。
(100g中の量です)


ビタミンA...94μg
ビタミンB1...0.91mg
ビタミンB2...0.41mg
ナイアシン...3.0mg
ビタミンB6...0.11mg
ビタミンB12...1.2mg
ビタミンD...3.6mg
ビタミンE...1.0mg


ビタミンB1が豚肉に匹敵するほど多く、ほかビタミンB群
をバランスよく含んでおり、ビタミンEも比較的豊富に含ま
れています。


すっぽんのビタミンB1は糖をエネルギーに変えるのに必要
なビタミンなので、不足すると疲労やイライラが起こります。
ビタミンB1は日本人には不足しがちなビタミンなので、積
極的に摂りたいビタミンです。とくに、糖質を多くとる人や
お酒をたくさん飲む人には不足しがちなので、すっぽんの豊
富なビタミンB1は補給源として重宝します。すっぽんが滋養
強壮効果があるといわれる原因のひとつはこの豊富なビタミン
B1にあります。


そして、すっぽんにはビタミンB2も豊富です。ビタミンB2
は肌や粘膜の健康を保つはたらきがあるため、美肌のビタミン
と呼ばれることもあります。すっぽんに美容効果があるといわ
れるのは、このはたらきに加えてコラーゲンが豊富に含まれて
いるからです。


体内でのコラーゲンの合成にはビタミンCが必要ですが、すっ
ぽんにはビタミンCがほとんど含まれていません。すっぽんと
一緒にほうれんそうや小松菜・ブロッコリーなどの緑黄色野菜
を食べればビタミンCも補給できます。

すっぽんのミネラルについて

すっぽんに含まれるミネラルは以下の通りです。
(100g中の量です)


カリウム...150mg
カルシウム...18mg
マグネシウム...10mg
リン...88mg
鉄...0.9mg
亜鉛...1.6mg


鉄・亜鉛がすっぽんには比較的豊富に含まれていること
がわかります。


鉄は鉄欠乏せい貧血を予防するのに大切なミネラルで、
鉄不足により疲労やイライラが起こることもあります。
これは、鉄が赤血球の構成要素として必要なので、鉄
が不足すると全身に酸素が供給されず、エネルギー不足
となってしまうためです。若い女性の4割が鉄不足とも
言われているので、鉄はしっかりと補いたい栄養素です。


亜鉛は細胞分裂や新陳代謝に必要な栄養素です。細胞の
成長に欠かせないミネラルであるため、子供の場合は
亜鉛不足になると成長が遅れてしまうこともあります。
また、亜鉛は免疫力を強化したり、生殖機能を高めたり
するはたらきもあります。すっぽんが滋養強壮効果があ
るといわれる一因はこの亜鉛のはたらきのためであると
考えられます。


亜鉛はカルシウムを脳に運ぶ役割もあるため、精神の安
定にも大切なミネラルです。