落花生の栄養ガイド

無料プレゼント

美味しく食べて若返る方法

このメルマガに登録していただいた方には、
漏れなく食材の栄養について解説した冊子をプレゼントします。
美味しく食べて若返る方法 メルマガ登録/解除
選択してください:
メールアドレス:
名前:
Powered By ステップメール NEO

落花生について

落花生はピーナッツ・南京豆とも呼ばれる、南アメリカを
原産地とするマメ科の植物です。日本には18世紀初頭に
中国から伝わり、神奈川県の二ノ宮町で栽培が開始されました。


落花生は生では食べられないので、殻のついたままか、
殻をむいてから炒って食べます。炒った後はそのまま食べる
ほか、チョコレートや洋菓子などにもよく用いられています。
ピーナッツバターの原料としても使われ、食卓にはなじみの
深い食材であるといえます。


落花生は栄養素としては脂肪分が多く、なかでも一価不飽和
脂肪酸であるオレイン酸が豊富です。ビタミンではビタミンE
やビタミンB1、ミネラルではカリウムやマグネシウムなどの
栄養素が豊富に含まれています。


また、落花生の薄皮の部分にはレスベラトロールというポリ
フェノールがふくまれています。レスベラトロールは抗酸化
作用のほか、アンチエイジング効果や美容効果などで注目
されている栄養素です。


落花生は栄養価の高い食物ですが、100g562カロリーと高
カロリー食品でもあります。ダイエット中の方は落花生の
食べすぎには注意しましょう。

落花生の栄養(1)ビタミン

落花生はビタミンとしてはビタミンB1・ナイアシン・
ビタミンEが豊富に含まれています。落花生のビタミンB1
は、糖質からエネルギーを取り出すのに必要となる栄養素で、
不足すると疲労やイライラ・食欲不振などが起こります。


ビタミンEは抗酸化力を持つビタミンで、過酸化脂質の発生
を防ぐことで細胞を酸化のダメージからを守り、肌の老化を
防いでくれる栄養素です。また、ビタミンEには血行をよく
してくれるはたらきもあります。


ナイアシンはビタミンB1とともに糖質の代謝に必要とされる
栄養素で、アルコールの代謝にも関わっています。このため、
ナイアシンは二日酔い対策として有効です。落花生を酒のつまみ
として食べるのはよい食べ方です。ナイアシンが不足すると
口内炎や皮膚炎・下痢などが起こりやすくなります。

カテゴリー:落花生の栄養素

落花生の栄養(2)ミネラル

落花生にはミネラルとしてはカリウムが100g中740?、
マグネシウムが170ミリグラムと豊富に含まれています。


落花生に含まれるカリウムはカリウムはナトリウムを
尿の中に排出させるはたらきを持つ栄養素なので、塩分
が原因となっておこる高血圧の予防に役立ちます。塩分
のとりすぎはむくみも引き起こすので、むくみの解消にも
役立ちます。


マグネシウムはマグネシウムは筋肉を作っているたんぱく
質の合成に必要とされる栄養素で、筋肉の収縮に欠かせ
ないミネラルです。マグネシウムには脳がカルシウム不足
になったときに起こる血管の緊張を改善し、偏頭痛をやわ
らげてくれるはたらきもあります。編頭痛の3割?5割は
マグネシウム不足によっておこるとも言われおり、偏頭痛の
改善にも役立つ栄養素です。

これらのミネラルが落花生の健康効果のひとつとなっています。

カテゴリー:落花生の栄養素