山田花子のホットヨーグルトダイエット効果

ホットヨーグルトダイエットとは?

ホットヨーグルトダイエットとは、ビューティーコロシ
アムにて山田花子が行い、1ヶ月半のダイエットで体重
を6.6kg、体脂肪を6.4%減らすことに成功したダイエッ
ト方法です。


ホットヨーグルトダイエットは、朝にホットヨーグルト
を食べてからだを温めるダイエット方法です。なぜこう
するかというと、ホットヨーグルトは温かいので、カル
シウムの吸収を効率的に行うことができるからです。


日本人は恒常的にカルシウムが不足しています。カルシウ
ムが足りないと、体に脂肪を蓄えようとする副甲状腺ホル
モンのはたらきが活発となり、太りやすい体質になってし
まいます。ホットヨーグルトは、ヨーグルトに豊富に含ま
れているカルシウムを補うことにより、この問題を解決し
ます。


カルシウムを補うなら普通にヨーグルトを食べればよさそ
うですが、温めてホットヨーグルトにして食べるのは、
ルシウムは身体が冷えると吸収率が落ちてしまい、
結果と
して副甲状腺ホルモンのはたらきをおさえる効果が落ちて
しまい、ダイエット効果も期待できなくなるからです。


ホットヨーグルトダイエットは共立女子大学名誉教授・中澤
勇二氏が監修しており、科学的根拠のあるダイエット方法の
ようです。

ホットヨーグルトダイエットのやり方

ホットヨーグルトダイエットのやり方は簡単です。朝食
はホットヨーグルトだけにする、が基本で、昼食と夕食
には腹八分目以内なら何を食べても構いません。朝のホ
ットヨーグルトは、120g以上食べてもダイエット効果は
変らないそうです。


山田花子はこのほかにも多少の食事制限をしていたそうな
ので、やる気に応じて摂取カロリーを減らすのはいいかも
しれません。ただし、基礎代謝を下回るほど摂取カロリー
を減らすことはおすすめできません。その方法だと、筋肉
が落ちて基礎代謝が低下し、リバウンドしやすい身体を作
るだけだからです。


朝のホットヨーグルト以外の2食は、できることなら脂質
を減らし、たんぱく質主体の食事にしたほうがよいでしょう。
ただし、糖質は脳のエネルギーになるので、しっかりと摂る
べきです。野菜やきのこ、こんにゃくなど、繊維が豊富で
たくさんかまないと食べられない食材
は、低カロリーで満腹
感を増してくれるので、ダイエット食としてはオススメです。
ホットヨーグルトダイエットとあわせて工夫してみるとよい
でしょう。豊富な野菜はビタミン・ミネラルの補給にも最適
で、新陳代謝も良くしてくれます。

ホットヨーグルトダイエットと栄養素

ホットヨーグルトは、前述の通りカルシウムが非常に豊
富です。カルシウムを摂取すると脂肪を身体に蓄積する
副甲状腺ホルモンのはたらきがおさえられ、痩せること
ができるというのがホットヨーグルトダイエットの理論
ですが、カルシウムにはダイエット効果だけでなく多くの
健康効果を持っています。


まずカルシウムの大きな働きとして、骨や歯を丈夫にし
てくれるというものがあります。カルシウムは骨作りに
欠かせないミネラルなので、骨粗しょう症の予防効果が
あるのです。特に女性は骨粗しょう症になりやすいので、
カルシウムを積極的に摂取する必要があります。骨のカル
シウムが一番詰まるのは30代なので、できれば30代の
うちにカルシウムを体内に貯金しておく必要があります。


また、カルシウムの効果として見逃せないのが、神経の興
奮を沈め、イライラを防止してくれるはたらきです。ダイ
エットはカロリー制限など、少なからずストレスのかかる
行為なので、過剰なストレスからまたたくさん食べてしま
うことをふせぐ為に、カルシウムの摂取は不可欠なのです。


厚生省が定めているカルシウムの1日の必要量は650mgです
が、日本人は平均530㎎しかカルシウムを摂取していないの
で、ホットヨーグルトを食べてカルシウムを摂取するのは
カルシウム不足を補うひとつの有効な方法といえます。