かつおの栄養ガイド

最新情報

かつおについて

かつおは日本では古くから親しまれてきた魚で、その旬は
初夏・秋と2回あります。日本では主に太平洋沿岸に分布し、
春先から黒潮に乗って北上します。夏には三陸海岸沖まで
北上し、秋にはここから南下します。


かつおは和食では欠かせない食材であり、新鮮なものは
刺身やたたきとして食べられてきました。かつおは生臭みが
強いため、ねぎやしょうがなどの薬味と一緒に食べられる
ことが多い食材です。このほか、かつお節やかつおの内臓を
塩漬けにした「酒盗」という加工食品もあります。初鰹は
味が淡白であるのに対し、もどりがつおは脂肪分が豊富で
濃厚な味わいがあるのが特徴です。


栄養分としてはビタミンAやビタミンB群・ビタミンD・E
などをバランスよく含んでおり、血合いの部分には鉄分が
豊富に含まれています。中性脂肪やコレステロール値を下げ
てくれるDHA・EPAも含まれており、かつおは健康食品
としても常食したい食材であるといえます。

かつおとビタミン(1)

かつおにはビタミンA・ビタミンB1・B2・ビタミンB12
が豊富です。ビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫にし、免疫細胞を
活性化したり、光の明暗や色の感知にもかかわる重要なビタミン
です。


ビタミンB1・B2はそれぞれ主に糖質と脂質からエネルギーを
取り出すのに必要となるビタミンです。このため、かつおは疲労
回復にも効果的です。ニンニクやねぎの成分はビタミンB1の
吸収を良くするので、かつおと一緒に食べるとより効果的です。


また、かつおにはビタミンB12が100g中8.4μgと魚の中では
特に豊富です。ビタミンB12は造血に必要なビタミンであり、
悪性貧血を改善してくれるはたらきがあります。また、ビタミン
B12は神経にも重要なビタミンであり、神経細胞の修復の役割を
になっています。このため、ビタミンB12は「神経のビタミン」
ともよばれ、精神安定や認知症予防などに重要なビタミンと
いわれています。

カテゴリー:かつおの栄養素

かつおとビタミン(2)

かつおにはビタミンD・ビタミンEが豊富に含まれています。
ビタミンDはカルシウムの吸収をたすけるビタミンであり、
不足すると骨が弱くなってしまいます。ビタミンDは日光を
浴びることで体内でも合成することができますが、色黒な
人は光の効果が弱く、ビタミンDができにくいので、かつお
のようにビタミンDの豊富な食材をしっかりととる必要が
あります。


ビタミンEは抗酸化物質として細胞の活性酸素を除去する
はたらきをになっています。細胞のダメージを防ぐので
肌の老化を防いでくれる効果があり、血行をよくしてくれ
るので頭痛・冷え性にも良いはたらきがあります。


ビタミンEは酸化してもビタミンCによってリサイクルされ
再利用できるようになるという特徴があるので、かつおを
食べるときはビタミンCの豊富な緑黄色野菜などと一緒に
食べるとより効果が期待できます。

カテゴリー:かつおの栄養素