ブルーベリーの栄養ガイド

ブルーベリーについて

ブルーベリーは北アメリカ原産の果樹です。北アメリカでは
古くから食用として用いられており、現代では生食するほか、
ジャムに用いられ、パンに塗ったりヨーグルトに混ぜたりし
て食べられています。


ブルーベリーはアントシアニンという色素成分が含まれてい
ることが有名であり、このアントシアニンが網膜のロドプシ
ンという物質の再合成をうながすために眼精疲労に効果的で
あるといわれています。アントシアニンは生のブルーベリー
よりも乾燥品に多く含まれています。


ほか、ブルーベリーは栄養素としてはビタミンB群、ビタミ
ンC、ビタミンE・カリウムなどを含んでいます。食物繊維
は非常に豊富で、便秘解消にも役立つ食材です。また、ブル
ーベリーに含まれるアントシアノサイドという物質は大腸菌
や感染性の最近を殺菌するはたらき
があり、下痢を防ぐはた
らきがあることも知られています。

カテゴリー:ブルーベリーについて

ブルーベリーのビタミンについて

ブルーベリーに含まれるビタミンは以下の通りです。
(100g中の量です)


ビタミンB1...0.03mg
ビタミンB2...0.03mg
ナイアシン...0.2mg
ビタミンB6...0.05mg
葉酸...12μg
ビタミンC...9mg
ビタミンE...1.7mg
βカロテン...55μg


ビタミンEが比較的豊富であるほかは、特に豊富なビタミンは
ありません。ブルーベリーはビタミンよりもアントシアニンや
食物繊維の補給源として食べるのが適切でしょう。


ビタミンEは抗酸化物質としての力を持っていて、過酸化脂質
の発生をふせいで細胞を老化から守ります。血行をよくするは
たらきももっているので、肩こりや冷え性を防ぐ効果もありま
す。ビタミンCには酸化したビタミンEをリサイクルはたらきが
あるので、ビタミンCの豊富な他の食材と一緒にとるとより効果
的です。

ブルーベリーのミネラルについて

ブルーベリーに含まれるミネラルは以下の通りです
(100g中に含まれる量です)


カリウム...70mg
カルシウム...8mg
マグネシウム...5mg
リン...9mg
鉄...0.2mg
亜鉛...0.1mg


ミネラルに関してはどれも豊富とはいえません。ブルーベリー
はミネラルの補給源よりも食物繊維やアントシアニンをとる
ために食べるのが向いているといえます。


ブルーベリーに含まれる食物繊維は3.3gと豊富であり、食物
繊維は便秘解消に役立つほか、コレステロールを体外に排出し
てくれるはたらきもあり、生活習慣病の予防に役立ちます。
便秘を放置しておくと、便の中の有害物質が血液に乗って体中
をめぐり、運ばれた先の細胞にダメージを与える可能性もある
ので、ブルーベリーのように食物繊維の豊富な食材は積極的に
食べたいものです。