バナナの栄養ガイド

バナナについて

東アフリカや中央アフリカでは主食とされている地域もあり
ます。日本では明治時代以降に普及し、現在は年間消費量が
1世帯あたり3.8㎏にもなるほどポピュラーな果物となって
います。

そのまま皮をむいて食べるほか、バナナケーキやチョコバナナ
・バナナチップなど、食卓ではデザートやおやつとして用いら
れることが多い果物です。

栄養的にはバナナには糖質が多く含まれ、特に熟したバナナ
にはブドウ糖が多いことで知られています。果物の中では
エネルギー量が多いため、時間がないときにはよく朝食代り
にもなる果物です。

糖質以外にもビタミンB1・B2やビタミンC、カリウムや食物
繊維
などを含んでおり、高血圧予防や便秘解消に役立つと
いう健康効果もあります。
豊富なカロテンは肌荒れも治すと
いう美容効果も期待できます。

 

バナナは近年「朝バナナダイエット」でも注目を浴び、
一時期はスーパーでバナナが品不足になるほどのブームも
起こりました。また「バナナ酢」も疲労回復やダイエット・
高血圧予防や美肌効果などから注目されており、それだけ
バナナの栄養や健康効果への期待が大きいことがわかります。

カテゴリー:バナナ

バナナ酢の飲み方

バナナ酢とは、料理研究科の村上祥子さんが忙しい子供の
ために効率よくエネルギーを吸収できる飲み物はないかと
考案した飲み物です。

このバナナ酢を飲んだ人は疲れ知らずのからだとなり、
村上さん自身も肩こりや冷え性が解消し、夫の啓助さん
とともにスリムな体系を維持しているそうです。
バナナ酢は疲労回復や便秘解消・高血圧消・美肌効果など、
幅広い健康効果を持つことで知られています。

 

バナナ酢の効果は酢のクエン酸によるものです。
クエン酸はクエン酸サイクルのはたらきを良くして代謝を
改善し、エネルギーの使われやすい体を作ります。
バナナ
にはブドウ糖が多く含まれていて、すぐにからだのエネル
ギー源として活用できるので、酢と組み合わせて摂ること
で効率のよいエネルギー補給ができます。

また、クエン酸が乳酸の分解をうながすので、疲労回復に
はもってこいの栄養ドリンクになるのです。

 

バナナ酢で代謝が活発になることでたんぱく質はすばやく
アミノ酸に分解され、これが美肌効果をもたらします。
分解の過程で体温も上がり、冷え性を解消する効果もあります。

バナナの豊富なカリウムはナトリウムの排出を促して血圧
を下げてくれる効果もあり、食物繊維が便秘解消を促して
くれます。バナナと酢の組み合わせは栄養ドリンクとして
ベストマッチであるといえます。

 

バナナ酢の作り方はとても簡単です。バナナ1本を2センチ
幅ほどに切り、黒砂糖100と400ccの空き瓶に入れます。
黒酢200ccを入れ、ふたをせずにレンジで30秒ほど加熱します。
ふたをして12時間置くと、バナナ酢として飲むことができます。

カテゴリー:バナナレシピ

バナナの保存方法

バナナは美味しいうえに栄養が豊富なので、できれば長く
保存しておきたいですよね。バナナを長期間保存するため
には、まずビニール袋から出して1本ずつばらばらにします。

これは、房ごとにまとまっているとバナナが熟成するための
ガスがたくさん出てきて長持ちしなくなるからです。

そして、バナナは13℃以上の温度のところで保存してください。
バナナが熟するのに最も適した温度は15℃です。バナナは黒い
粒粒ができたほうがおいしくなり、免疫増強効果も格段に強く
なります。

1度でも13℃以下の場所に保存するとうまく熟成しなくなって
しまうので、まだ青いバナナは冷蔵庫での保存はさけるように
してください。冷蔵庫で保存すると真っ黒になってしまいます。

バナナが傷まないようにするためには、置き方も重要です。
カーブしている面を下にして置くと重みで傷むので、アーチを
描くように置いてください。できればバナナスタンドを使い、
吊るして保存しておくのがベストです。バナナスタンドは近所
の100円ショップでも売っています。

熟したバナナはラップでくるみ、冷凍用の袋に入れて冷凍庫で
保管することもできます。バナナは冷凍するとカリウムやマグ
ネシウムの働きが増え、ポリフェノール類も増える
という効果もあります。

カテゴリー:バナナ, バナナの栄養