アーモンドの栄養ガイド

無料プレゼント

美味しく食べて若返る方法

このメルマガに登録していただいた方には、
漏れなく食材の栄養について解説した冊子をプレゼントします。
美味しく食べて若返る方法 メルマガ登録/解除
選択してください:
メールアドレス:
名前:
Powered By ステップメール NEO

アーモンドについて


アーモンドは小アジア地方を原産地とするきの種子です。
アーモンドの木は高いものは7メートル以上にもなり、
現在はカリフォルニア・地中海沿岸で主に栽培され、
日本では小豆島などで栽培されています。


アーモンドはそのまま塩味をつけて食べるほか、炒って
食べるか砕いたものをサラダに混ぜるなどの食べ方があり
ます。スライスしたり、粉末にしたアーモンドは洋菓子
にはよく用いられています。


栄養素はビタミンEが大変に豊富で、ビタミンB2も豊富
なので貴重なビタミン源となります。ビタミンEはカロテン
の酸化を防いでくれるので、カロテンの豊富な野菜とともに
食べるのもよいでしょう。脂質が多く、高カロリーなのも
特徴ですが、アーモンドの脂質はオレイン酸やリノール酸
などの植物性脂質で、ともにコレステロール値を下げくれます。


このほか、食物繊維やカルシウム・鉄分も豊富なので、
食べ過ぎに気をつければ栄養補給には最適の食材となります。


アーモンドの抗酸化成分は皮の部分に多く含まれるので、
殻つきのアーモンドのほうが抗酸化力には期待できます。
殻のないアーモンドは酸化しやすいので、買ったあとは
早めに密封して冷暗所に保管するようにしましょう。

アーモンドとビタミン

アーモンドはビタミンではビタミンE・ビタミンB2が豊富に含まれ
ています。ビタミンEは「若返りのビタミン」と言われることもあり
ますが、これはビタミンEが抗酸化力を持ち、細胞膜を作っている
不飽和脂肪酸が酸化するのをふせいでろうかから守る力を持っている
からです。


ビタミンEは血行を改善し、頭痛や冷え性にも効果があることが知ら
れています。また、ビタミンAの酸化を防ぐはたらきも持っています。


ビタミンB2はビタミンB2は脂肪を分解してエネルギーを取り出す
ときに必要となるビタミンで、体脂肪の燃焼を高めるためダイエット
には欠かせないビタミンです。ビタミンB2が欠乏すると不足すると
にきびや肌荒れ・口内炎などが起きることがあります。


ビタミンB2は飲酒によってたくさん消費されるので、お酒をたくさん
飲む方はアーモンドで積極的にビタミンB2を摂取したいところです。

カテゴリー:アーモンドの栄養素

アーモンドとミネラル

アーモンドにはミネラル類としては鉄・カルシウム・マグネシウム・
カリウムが豊富です。鉄分は赤血球の材料となり、不足すると貧血や
頭痛・イライラなどを引き起こします。


カルシウムは骨を丈夫にするために不可欠な栄養素で、骨粗しょう症
予防にも重要です。精神の安定にもかかわる栄養素で、イライラをふ
せぎます。マグネシウムは筋肉を作っているたんぱく質の合成に必要な
栄養素で、カルシウムとともに筋肉の収縮に必要とされます。また、
脳にカルシウムが不足することが原因で起こる血管の緊張を改善し、
偏頭痛を和らげる効果もあります。


カリウムは体内の余分なナトリウムを体外に排出するはたらきがある
ため、塩分のとりすぎにより上昇した血圧を下げ、また塩分が体内に
水分をため込んでしまうためにおこるむくみを解消してくれるはたらき
があります。

カテゴリー:アーモンドの栄養素